治る病気

医師

乳がんについて|高度美容外科のセルポートクリニック横浜

胸に違和感がある方は乳がん検診を受けることでがんなのかを知ることができます。プロの医師によって細かな検査ができます。

がんは日本人の死亡原因の多くを占めているが、未だになぜ起こるのか解明されていない病気の一つである。
胃がんはかつて日本人の死亡原因の中で高い位置を占めており、乳がんの手術を行い乳房が切除されると、もう二度と再建は不可能とされてきた。
胃がんについても、大部分が切除されれば、胃の機能を再建することは難しく、治療や予後治療のために食事に著しい制限がかけられることが多かった。
すい臓がんについては、もっとも発見が難しく、治療についてもきつい食事制限や再発などの危険性が伴うものであった。
このように、治療に著しい困難があるのががんの特徴で、命が助かったとしても再発の危険性がある病気である。

こうした治療が難しいがんであることから、世界中でがんを治療、または早期発見するための研究が盛んに行われている。
乳がんは若い人は進行も早いが、命が助かったとしても乳房が失われた状態になるということが、精神的負担となっていた。
しかし、今では乳房の再建手術も広く行われており、これは美容整形の技術が発達したために実現したことである。
再建手術に関しては美容整形の技術を使って再建するため、自由診療の範囲と思われる人も多いが、自家組織を使った再建手術であれば、健康保険の適用が認められている。
すい臓のがんに関しても、予防方法が提示され、胃がんの予防方法もあるため、検診などを利用し、乳がん治療や再建の方法を知り、負担なく健康に過ごすことが大事である。